JUDY.jpg 劇団の動画など、ありますよ?
ボス村松ドラマスペシャル「じ・だん」パラパラアニメ
遍歴の騎士ヤマオカ卿の酒気帯びでやんすダイジェスト
けつあごのゴメスダイジェスト
P型柔道一門PV
ミハエルとアイルトンとチュウカドンPV


2019年07月22日

東欧4か国夢紀行二日目

二日目は、ブダペスト観光。
ホテルの朝食バイキングがすごい美味い。
特にハムとチーズ。ハンガリーはドナウの恵みを受けた肥沃な農業国ということで、豚が国宝ということ。味に厚みがある。ハムね。チーズね。が普通とするなら、おおおハム。おおおチーズ。という感じ。
旅行中、結局あれが一番美味しかったねとなる予感がした。
ホテルを出て、まずは英雄広場。建国の七人の族長の上に、町の守護天使ガブリエルが羽ばたいている像が広場の真ん中。
それを建国後から19世紀まででピックアップされた12人の偉大な政治指導者の像が、広場の縁を取り囲む。ガイドのアティラさんの話を聞くと、偉大な人達もガッツリ戦争に勝った人は少なく、攻め込まれて逃げたら何年かしたら敵がいなくなった人、山の方の領主だったから攻められなかった人などが混じる。
次は建国の王様の名前が冠せられた聖イシュトバーン大聖堂。英雄の広場、世界で二番目に古い地下鉄と合わせて、1900年ぐらいに開かれた万博に合わせて作られたもの。そのオーストリアハンガリー2重帝国時代はハンガリー史において、なかなかの絶好調時だったらしい。逆にアティラさんは共産圏時代を苦々しく語る。大聖堂は絢爛豪華で日曜日のミサが開かれていた。観光客がぱしゃぱしゃカメラを撮るなか、粛々と行われるミサ。観光地として生きる覚悟を見た。
次に行ったマーチャーシュ教会はミサがあるので中に入れなかった。
次に行ったエステルゴム大聖堂は中に入れた。午後はミサが終わってたのかな。中に入れた。教会ばっかやな。世界的に有名な画家ではない某さんが、有名な某さんの絵を学んで描いた、一枚絵としては世界最大の、祭壇正面の大壁画が印象的だった。そのエピソードに。大きさだけは、世界一やで!
他、提携土産物屋で、買わない買わないと念じて無駄銭を使わなかったこと、マーチャーシュ教会でのツアー一同の記念写真を買ってしまったことが書くに値する出来事か。買う人、と言って手が上がらなかった時の、現地のカメラマンさんのアレ?みたいな表情。気の毒になって買ってしまった。
昼御飯には名物グーヤーシュを食べた。パプリカ入りビーフシチューと聞いていたが、汁気の少ない牛肉乗せパスタが出てきた。食べてみて、そんなもん。旅なれたお嫁さんはツアーの食事なんてこんなもんだよ、という。そらそうだ。30人分を作っておいて、ドンとださなきゃならない。ツアー客は次の行程も決まってる。早さと段取りがいのち。ただ貴腐菌を使った、極甘口ワインのトカイワイン
はうまかった。
晩御飯は、民族音楽とダンスを見ながら、魚のソテーとジャガイモ。やっぱり、味はそんなもん。ただ舞台から最前列の席を取ったので、俺が舞台に上げられて楽団に弄られる。その手にのるかと、彼らの予想を越える積極性を見せ、舞台をかき回してやったぜ。ツアーの日本人ガイドさんに、新しい日本人ハンガリー民族舞踏スター誕生と言わしめる。お嫁さんと、母妹も大喜び。
一日の締めは、ドナウ川のナイトクルーズ。街灯と観光建築物のライトアップしかないから、こんなに幻想的にシックな夜景になるんだね。店舗の広告の明かりがない。パチンコ屋とかの。
DSC_0182.JPG国会議事堂と俺の禿げ頭
そうそう、グーヤーシュの名誉のために追記。もう一ヶ所回った、スロバキアの人の町センテンドレでオヤツの時間に敢えて注文したスープのグーヤーシュはとても美味しかった。
あとお嫁さんは、20年ぶりのスカートはおしまいにして、またズボンにもどった。
posted by ボス村松 at 18:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

東欧4国夢旅行初日

成田から12時間飛行機、ウィーン到着。
案外楽勝。本を読んでたら着いた。

到着即バスで3時間移動、国境を超えハンガリーへ。ユーロにより、ヨーロッパはひとつなので国境の税関(?)はノンストップでつるーっと通りすぎる。

20時30分の赤い夕日。緯度が高い。

サービスエリアで初お買い物をする。肉とビール。ハンガリーは東欧一のグルメ国らしい。ユーロで払ったら、ハンガリーの通貨フォレントで返ってきた。なんやねん。レジに立ってる若いお兄さんはつまんなさそう。同じレジ打ちのアルバイトの身として国境を越えて共感をする。分かるぜ、昨日飲み過ぎて二日酔いなんだろ?

ブダペストに入って、バスの車窓からなのだがこれはスゲーとなる。正直、飛行機降りてからここまで外国感なかった。ごめんなさい。ブダペストすげーよ。流石はドナウの真珠(だっけ?)、川のほとりの丘にお城が三つも四つも立って、ライトアップされている。でかいラブホとは言えない。これが本物。威圧感○。これがヨーロッパの歴史なのだ。

ホテルについて現地時間23時。寝る前にちょっと散歩してみる。そうそう、お嫁さんはこの旅行には気合いを入れてスカートをはいているのだった。20年ぶりぐらいに彼女のスカート姿を見た。

散歩は駅を目指した。ブダペストの駅に、世界の車窓よりを感じた。ズドンと広い上方の空間と、古びた佇まい。

DSC_0148-c9453.JPG右下の四角いのが券売機

券売機はあるが、改札がない。どういうシステムなんだろう。あと公衆電話とか、こんなデザインなんだーとか、面白い。写真撮っておけばよかった。

大通りには、道に椅子机を出した店がそこかしこにある。パブでビールをのんでみる、というのは、外国でやりたいことの一つだったんだけど、お嫁さんがウンコしたくなったというのと、若干の気後れで入らなかった。草津旅行のときに、次は気になったら店に入ると言っていたのが、果たせなかった。いや、次こそは。


posted by ボス村松 at 08:59| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

曇天

マークXインフィニティを宣伝するのだ。

バブルのインタビュー動画を撮った。

俺とバブル。

曇天の下、非フォトジェニックな二人。

お題は「バブルムラマツが語る、演劇と恋愛、そして練馬」


こんなのを、いくつか撮って切り貼りする。

最近、バブルが練馬に引っ越してきてご近所さんになった。

近日公開。

撮影の道中、バブルとレジ業務のあるあるの話になる。

「Tポイントの1ポイント2ポイントで目くじらたてるお客さん、それ1円2円やで。」

「でもお客さんが怒っているのは、仕事をきちんとしてるかしてないか、その部分なんだよなー。」

撮影を終えて、お嫁さんとラーメンを食いに行った。

新しく出来たばかりの、味噌ラーメンがウリの目当てのラーメン屋は満席で、外から厨房を伺ったところ、食べログのレビュー通りにオロオロ、こわごわ作っている。

表に出ている看板のメニューも、半分ほど紙で覆われて、扱ってないことになっている。

手が回らないのだろう。

店の外で待つほどのものではない。今度、空いている時に。

そのラーメン屋を後にして、二軒目。

券売機で味噌ラーメンが注文できない。券売機に貼られている「本日ゆで野菜のみで対応させていただきます」の張り紙と何らかの関連があるらしい。

一件目でケチがついて、心が狭くなっている俺たちはこの店も出る。クチが味噌ラーメンになってるのもある。

三件目入って、無事味噌ラーメンを注文できたのだが、お嫁さんの注文した単品焼き餃子は、餃子とドリンクサービスのAセットにした方が100円安いと気づく。

店員さんに、これAセットに替えてもらえますか?と聞くと、できませんと言う。

コノヤロー。

Tポイントの1ポイント2ポイントで目くじらたてるお客さんの気持ちが、多少わかった。


posted by ボス村松 at 19:36| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

昼寝

土曜日は近所にある、ガーデンレストランのランチをお嫁さんと行った。

なかなかオシャレで、敷地もあって、1年ぐらい前かな、開店直後に行った時食べたピザは美味かった。

そのころは大盛況で、入店を待つお客さんが店の前に何組かいるのをみかけた。

それが、秋になり冬になると、お店は閑散としていき、お嫁さんとその行く末をハラハラと案じた。

「早くもう一回行かないと、無くなっちゃうよ?」とお嫁さん。

「無くなっちゃうんだったら、行かなくてもいいんじゃない?」と俺。

それが、冬を越え陽気がよくなってくると、また人が入り始めてきた。

建屋内にも席はあるんだけど、敷地の真ん中にドーンと庭があって、そこにテーブル椅子が置いてあると、冬の時分にはトータルやっぱり店構え全体が寒々しく映るのかもしれない。

今回のランチに俺が注文した、お肉はなんてことなかったが、お嫁さんが注文したピザはやっぱり美味かった。

何より、ランチサラダバーがドリンクもスープも飲み放題で380円はお安い。

サラダバーでお腹いっぱいになった。

テレビが壊れたので、このランチの帰りに、コジマに寄って、テレビを買って帰る。

新しいテレビをつなげずに、お腹いっぱいと横になったら、一気に時間が飛んで、夜も更けてカラオケバイトに行く時間になった。

もう。

ランチ後の午後の時間を豊かに使おうと、ランチでビールを飲まなかったのに、寝て終わってしまった。

お腹いっぱい、ダメ。

そして今日の昼ごはん、腹八分目で終わらせたけれども、テレビをつないで見ることが出来たNHK将棋トーナメントにより、またも眠くなる。

将棋が好きなんだから、NHK将棋トーナメントも好きなはずという思いで見るのだけれど、淡々と進む番組に瞼が重くなるのはいつものこと。

分かってるんだけど、見ちゃう純情。

NHK将棋トーナメント、ダメ。

飯を作りながら見るともなく放送を流しておいて、見るともなくお嫁さんと喋りながら流しておいて、御馳走様と同時に放送終了が吉。

わかってる。
posted by ボス村松 at 16:45| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

幸福感

ボス村松のバカンスの台詞覚えが最後までいった。

スタンダップコメディと言ったが、途中で落語に近い語り口になる。

落語の「・・ということでございましてですね、えー、なんですか、くまさんや・・」というのは、台詞を思い出す時間を稼ぐのに進化した文体なんだなー。

他に、土、日のカラオケバイトでバイト仲間を笑わせることができたり、最近手掛けている自分の落書きが気に入ったり、小さな幸せで気分がいい。

演劇が遠い希望としてボクを照らしてるんだな。

近くなって現実になってくると、リアルが俺を押しつぶしてくるんだが。

落書きはなかなか物語性が高い絵になったんだけど、実際のチラシにするんだったら、絵よりも、もっとデザインっぽいのがいいんだろうか。


自転車の足の位置がオカシイのはご愛敬。

煽り文句の「あなたはモンスター」と言っているのは、自転車泥棒の元コーチ、ミハイロフ。
posted by ボス村松 at 17:52| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

名刺作った

すんません、タイトルで嘘をつきました。

すんません、名刺は作れてません

正確には、名刺の表面のデータを作りました。

   ***

名刺があるといいな、と思う時がある。

会合での初対面の時、観劇して素敵な役者にお近づきになりたい時、などなど。

ベタに「すいません、名刺を切らしておりまして」なんて胡麻化しつつ、名刺を作らねばと長い間、思っていた。

よし、作るぞ。

一念発起して名刺の用紙を買って、すでに、二ヵ月ほど経つ。

昔、旧キラー村松Jr.に作ってもらったこともあったんだ。

しかしその名刺は、情報が古くなり、雨にも降られてグシャグシャになり、

サラリーマン村松に「これどうですか?」と勧められた、デザイナーさんのテンプレートは、なんだか自分じゃなくて、こそばゆかった。

そしてついに、今日、自分でデータを作って(表面の)、名刺用の用紙にプリントアウトした!

結果、プリンタの能力が足りず、ボヤけてどうしようもないのが、刷り上がった!

インクジェットじゃダメか? レーザープリンタじゃないとダメか?

キンコーズに行って、プリントすればいいのかな。

明日、下北沢に観劇予定があるので、新宿で一回降りて、南口店で挑戦してみよう。


裏面には、好きなものを列挙して、枠を埋めようと思う。

林檎ちゃんとか、高橋源一郎とか、銚子丸とか、優夢牛とか、戸辺誠七段とか。

ちゃんとできたら、名刺交換しようぜ。
posted by ボス村松 at 14:56| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

サボりました

お嫁さんが、ハギスを作った。

ひき肉とホワイトソースと野菜を段々にして、オーブンで焼いたギリシャ料理だ。

家に帰ったら、それがあると思うと、バイトの帰りにビールを買ってしまった。

ハギスを食べながらビールを飲んでテレビを見て、でもまだ、もうひとつ、ながらはできる。

それらをしながら、イワシの蒲焼を作る。

太刀魚の安売りが出て、それを蒲焼にしたら、すごくおいしかったので、イワシでもいいんじゃねということだ。

だって、味のほとんどは、砂糖と醤油じゃん。

砂糖と醤油と、まあその奥に魚味?

魚味であれば、太刀魚とイワシの差はあんまりないんじゃないのか。

結果をいうと、差はありました。

なるほど、自分でイワシの蒲焼を作っても、缶詰のイワシの蒲焼みたいな味になるんだな。

ハギスはうまかった。

作りながら見たテレビは8年目の福島原発のドキュメンタリーと、川端と三島のドキュメンタリー。

ふむふむ、という内容だった。

それが終わって、やっと大谷くんの試合が始まって、一打席目凡退したところで、寝た。

今日は何もしないで寝る日と決めてたので、さっき起きた。

その後、大谷君は3本ヒットを打っていた。やるな。好調期にはいったのかな。

これからちょびっと、ギターを触って、今日はカラオケバイトだ。
posted by ボス村松 at 20:49| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

Aマイナー7

バイトから帰って、おつかれさん。

冷蔵庫にはサバの焼いたのと白菜とニンジンの細切りと昆布を、浅漬けの素で漬けたのがある。

俺はこれを、アルコールなしで食って、風呂に入って、ギターの練習をした。

アルコールなしというのがすごい。

昨日、二日酔いぎみでバイトに行って、しんどかったというのがあるにせよ、いかにも酒の肴みたいなものを俺はアルコールなしで済ませたのだ。

えらい。

俺が頼りにしているギター教本で、俺はコードを弾くページにたどり着いた。


人差し指と中指を使うコードを4つ、Cメジャー7、Aマイナー7、Eマイナー、Gを順に弾きましょうと先生はおっしゃる。

そのうち、Aマイナー7が全く押さえられない。

押さえた弦も、押さえきれずにビヨビヨ言うわ、その隣の弦にも指が触れてこれまたビヨビヨ言うわ。

台詞が覚えられないより、押さえられない。


俺は皆が恐れるFまでたどり着けない気がする。



posted by ボス村松 at 15:17| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

よみうりランドに行ってきた

よみうりランドに行ってきた。

前作「息つぎがうまくできない」の女優さん二人の企画に乗っかった感じだ。


右のリュックサックが、アマリン。よみうりランドが大好きで、今回の首謀者。

左の黒いのが、カレンさん。照明の吊れる美女。

しかし、よみうりランド人いねーな。大丈夫なのかよ。

あと「息つぎがうまくできない」では員数外なんだけど、ゴリラのスーさんも招集がかかっての参加。



スーさんはバンジーをしました。




我々ですが、よみうりランドには11時入りして、17時30分までこってり遊びました。

15時頃だったかな。一行はバンジーあるぜ?と気がついた。

スーさんが「俺、やろうかなウホウホ」と言った時、俺は悩んだ。

どうしよう。俺もやらないと逃げたと思われちゃうよな。

ちなみに俺は高いところが嫌いだ。賢いからな。本当にゴリラは頭が筋肉で困るぜ。

しかし、この時、俺は3割ぐらい飛ぶ決意を固めていたのだった(7割は固まってない)。

ここに来るまでに、モモンガ、バンデットと二つのジェットコースターを征服して、3割ほど気が大きくなっていたのだ。

しかし、スーさんが、いざバンジーの受付に向かったところ、バンジーの先客が撮影込みのプランを選んだらしく、すぐには乗れなさそうな雰囲気になっていた。

バンジーは後回しにして、次行こうよ。

俺たちは、よみうりランドと焼きそばUFOのコラポ企画アトラクションに向かったのだった。

その道中である。

このUFOエリアの近くに、食べ物持ち込み不可により(俺がフライドポテトを食べてた)、午前中、乗り損ねた屋内ジェットコースターがあったのだった。

これに乗ったのがいかんかった。

よみうりランドの主役であるジェットコースター、バンデットは広々とした敷地の中、その高さ、そのスピード、その走行距離で自身を主張しているのだが、俺はこれを征服した。怖くて叫びっぱなしだったが、乗り終えて「もう嫌だ」とならなかった。

しかし、この屋内ジェットコースター「スピンランウェイ」は、敷地が狭くこちょこちょやってる分、ぐるぐる回りやがった。

俺は高いのも嫌いだが、回るのはもっと嫌いだ。酔うっちゅーねん。

実のところ、おおむね高かったり、回ったりする遊園地は、嫌いだ。

今回もカレンさんの顔が好きなぐらいだった。もうちょっと話が合えばいいのになーと思う。惜しいね。何言っとるねん。

この屋内ジェットコースター、スピンランウェイに乗って、俺のココロは「もう嫌だ」にすっかり収まった。

よし。

バンジーはやらない。心は10割決まった。

UFOコラポのアトラクションは乗るのと作るのがあるのだが、乗るのは毛の生えた水上滑り台ぐらいだし、作るのは「君のオリジナルUFO」を作ろうってなもので、全然ぐるぐる回らない。

UFOアトラクションは、平和だった。よかった。

俺のオリジナルUFOは、具材をポークダイス、ネギ、キムチ、タマゴにした。

ゴリラのスーさんのは、エビ、エビ、エビ、キムチだった。やっぱりアタマが悪い。

我々はUFOのパッケージにお絵かきできるのだった。

41624.jpg お絵かきしたUFO

みんな絵が美味い。アマリンのはプロ。俺が一番ヘタ。

でも俺のが一番、意味あるな。あらゆる場面に現われる俺の作風のように思う。

俺はツイッターでつぶやきながら、アトラクションを回っていて、そこでバンジーのことにも触れていたのだった。

飛ばなかったと言うとバツが悪いので、この日俺はバンジーを飛んだという嘘を、つぶやいた。

みなさん、ごめんなさい。

俺は飛んでいません。


***以下、思い出のフォトギャラリー***



41617.jpg バンデットに乗った直後の髪の毛が逆立ってる俺。まだ元気。

41616.jpg 回らない乗り物には攻めの姿勢を見せる俺

41611.jpg カレンさんの隣に座ることも

41629.jpg バンジーとゴリラ


追記:バブルも参戦を表明していたのだけれど、この日は体調不良で欠席。しかしアトラクションは4人一組のものが多く、バブルさんいなくてよかったのかもねー、との声も聞こえた。遊園地で取りジャンして、5人が4-1で別れた日には、1となった人間にとってその事実は死ぬまで背負う十字架になりかねない。




posted by ボス村松 at 11:53| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

ショプジャパンの「ここひえ」を買った

演劇以上に楽しいことは、いらないと言いながら、日曜日はお嫁さんの誕生日プレゼントを買いに池袋に出向いて、ビッグカメラで買い物をした。

ついでにサンシャインのパスポートセンターに行って、パスポートを受け取った。

その後、ハンバーガーとかポークリブとかステーキとかが置いてあるアメリカンなレストランTGI.FRIDAYSで飯を食った。

言うだけか、と。俺。

楽しいことばっかりやないかい。

よみうりランドに行って、寿司食ったのが金曜やで。

   ***

お誕生日プレゼントは、ショップジャパンの「ここひえ」がいいとお嫁さんが言った。

DSC_0138.JPG ここひえ

テレビの通販CMで見たものだ。

ちっちゃくて、持ち運びできて、部屋全体じゃなくて、人に冷たい風を送るというもの。

ここを冷やす。「ここひえ」

効かないでしょう。俺は思った。

しかし暑がりのお嫁さんの食いつきがすごかった。誕生日プレゼントにはコレ買って!

一万円しないので、いいんだけど、うちにはもう、大きな餅焼き器があるからなあ。

DSC_0136[1].JPG 大きな餅焼き器

大きな餅焼き器は、去年の冬に買った。

結局ストーブが温かくて、安いんだよという話はよく聞くところ。

そして我々の自宅アパートのすぐ近くにガソリンスタンドがある。灯油を歩いて1分で買いに行ける。

一軒ではない。ガソリンスタンドが二軒ある。近所に。

別に二軒もいらないが、運命を感じたりもした。

運命に導かれるまま、買った結論としては、あんまり温かくならないわ、灯油高いわで、特別なハレの日にお餅を焼くための器具となった。

暖房機能もついているのがお得ですね。

今回、俺は前例の通り、ここひえが餅の焼けない餅焼き器になるのではないかと、危惧したのだった。

まあ、センパイ餅焼き器よりも小さいからいいんだけどね。

TGI.FRIDAYSでは、ポークリブとチキンウィングのガンボ(だっけか?)を主役に置いて、俺はビール、お嫁さんはお茶を飲んだ。

うまかった。一品一品は値段はするが、量があるので割高感はない。

ほにゃららのガンボは美味かった。そのケイジャンソースが黒酢あんのようだった。もともとケイジャンソースというのはそういうものなのかもしれないが、そこにはひっかかった。

家に着いて、早速、梱包を解いて、ここひえの動作スイッチを押す。

風は確かに少し冷たい。

商品のキャッチが謳っているように、気温よりも-13度の風が出ているかについては、どうだろう、定かではない。

ただ圧倒的に、風量が弱い。


もう、いわんこっちゃない。

餅の焼けない餅焼き器。

posted by ボス村松 at 16:14| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

回復祈願

飯を作りながら飲むという悪癖が、また出ている。

演劇で歴史に名を残すために、演劇以外はなるべくしないと決めたにも関わらずだ。

バイトは演劇の資金集めなので、よい。

演劇の内です。

しかし、飯を作りながら飲むのは、演劇の何の薬にもならない。

外で友人と飲むのは、交際費的な必要経費としてよい。

演劇の内です。

思えば、スーパーのバイトというのが、よくない。

食材にあふれている。

カラオケのバイトというのも、よくない。

ビール注いだり、レモンサワー作ったり。

こっちも飲みたくなるちゅーねん。

ここ3日ほど、バイト終わりに、飯を作りながら飲んでる。

思えば、お嫁さんと夕方ごはんを食べるというのが抑止力として働いていた。

朝、バイト終わりに飲むと、お嫁さんとの夕方のごはんが美味しくない。

お嫁さんは、今、ぎっくり腰で一日部屋で寝ている。

夕方に、というのがなくなっている。

今日はマグロ丼とお好み焼きを作りながら飲んだ。

大谷くんの試合もNHKのBSでやってる。見ながら飲んだ。

お嫁さんには、都度、小皿に料理を取り分けて、部屋にお供えすればよい。

いかん。

お嫁さんの腰が早く治りますように。
posted by ボス村松 at 19:59| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

厚切りステーキ

安くなっていたので、国産牛のヒレ肉の厚切りステーキを買ってしまった。

塩コショウで焼いたあと、皿によけて、肉汁をバターとワインと醤油とニンニクと合わせてソースを作り、

レンチンした野菜と一緒に、もう一回フライパンに乗せて、ソースとからめた。

仕上がりちょっとつまんでみると、味が薄かった。

対処策として、皿にもう一回全部よけて、フライパンに焼肉のタレを入れて少し煮詰めて水っぽさを消してから、もう一回からめた。

いやあ、うまかった。

さすが、本来2700円の国産牛だ。

外でステーキ注文できんで、これは。

痛飲してしまい、一日がつぶれてしまった。

いい気分で酔っぱらって、起きたらバイトの時間。

   ***

お嫁さんは、オムツは回避したが、依然布団の上に横たわって一日を過ごしている。

お嫁さんの横に、お供え物として上記の肉を小皿で置いておくと、しばらくして寝室から

「おお、うめー、やわらけー」と声がした。
posted by ボス村松 at 02:57| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

しわくちゃになって

およめさんが、ぎっくり腰になって寝たきりになった。

トイレに行くのも難儀そうだ。

ここに湿布を貼ってと言われるままに、寝間着をめくって腰に湿布を貼る

どっちがどうなるかは分からないのだけれど、いずれはこんなふうに片方が片方を介護することになるのだなあと感じ入る。

俺もしわくちゃになっていて、お嫁さんんもしわくちゃになっていて。

オムツ買ってこようか?というと、まだいい、と言っていたのが昨日だったが、今さっき、試しに買ってきてとなった。

オムツの取り換えとなると、かなり本格的な介護になると思われる。
posted by ボス村松 at 20:24| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

バイト行かなきゃ

昨日バイト前に駆け足で投稿した自分のブログを見て、難しさを感じた。

なんだあの動画は。

しかし失敗を恐れては前進できないのであった。

教訓としては、駆け足で投稿してはいけない。

   ***

昨日は俺が晩御飯を作ったので、今日はお嫁さんがなんか飯の食材を買ってきそうと感じ、味噌汁だけ作ってお嫁さんのメインの到着を待ったが、お嫁さんは鍋の食材を買ってきた。

失敗です。

ボス村松のバカンス、難航する。

バカンスが洞窟で、暗くて、クスクスわらいして、好きな子のいいっこをするという骨子であったが、洞窟に行く必然性がない。

洞窟にたどりつけない。洞窟だからどうなんだという疑念も強い。

なんとなく、バカンスのタイトルだけ決めて、洞窟ってやだなと思い書き始めただけ。

現在、数カ所ダジャレがあるのみ。

ただの秩父の観光案内になっている。

   ***

わ、もう時間だ。バイト行かなきゃ
posted by ボス村松 at 20:38| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

美女を見た

スーパーのバイトから、店を出た時、視界の右端にスラっと長い肌色が、二本飛び込んできた。

「生足だ」

俺は即座に視線を切った。そんなものを注視してはいけない。

頭に焼き付いた映像は、タイトなミニスカートをはいた若い・・美人さんだった。たぶん。

俺は、このまま店から駐輪場に向かい途中で道を曲がる時が、その美しく若々しい物体を見ることができる、自然なタイミングであると考えた。

駐輪所の脇のT字路で曲がって、果たして再び俺の目に入った物体の、なんとつるんと美しいことだろう。

俺の知り合いの中での指折りの美女に、ロサリオ香蓮さんがいるが、彼女からしゃくれ(チャームポイントですよ?)を無くして、

背を高くさらにシュッとした印象。

とんでもんーぞ、あのオネーチャン。足なげー。


あたらしい演劇へのアプローチを試行錯誤中です。

あたらしいボス村松にご期待ください。




posted by ボス村松 at 20:35| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

ボス村松のバカンス

日曜はカラオケバイトの日。

雨降りもあり、静かな滑り出しから、しかし長っ尻のお客さんが多く、フリータイムが終わっても閉店までの一時間を楽しもうと追加延長してきた。

いつもはフリータイムが終われば、お客さんは0になる。昨日は4組が延長。

定時には終わらないと言うことで、残業代が手に入る。30分。

600円多くお金が入るぞ。

家に帰って、600円規模のプチパーティーをする。

メインはサバの水煮缶と残り野菜のサラダ、マヨネーズ中心他もいろいろふりかけたソース。

うまくできた。

ボス村松のバカンスの執筆にとりかかる。

2分ほどの、スタンダップコメディ風のものが書ければと思う。

ビジネスパートナーのニックとのバカンスの話だ。


posted by ボス村松 at 20:21| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

ややプラス

昨日は昼起きて、寝起きで、ランチ焼肉お嫁さんと食って、芝居見に行って、バイト行って、バイトは一人少なかったんだけど定時で終わらせることができた。

芝居は、動物電気←(劇団名)の演目「ブランデー!恋を歌おう」

一度共演したというやや薄めの友人の劇団。

しかし以前から聞いたことがあった劇団名。面白いらしいというふわっとした印象があった。

これを見に行くことで、お世話になっている友人出演のお芝居に不義理をした。

演劇人としては誠実な態度だと思うが、人間としてはどうか。

お芝居は、大変な笑い寄りの、お芝居。筋はあってないようなもの。

たのしかった。

ランチ焼肉は、テグタンスープに期待であったが、二回目のジンクスにはまった。

期待値を上げていくと、よくないのだが、期待があるからこそ店に足を運ぶというパラドックス。

その日のバイト分、使った。

ややプラスか。



posted by ボス村松 at 20:53| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

DM名簿の更新を始めた

ようやく、DM名簿更新の作業を始めた。

直近の作「息つぎがうまくできない」から2か月が過ぎている。

共演者たちは、別の芝居に出て、本番を終えて、また別の芝居に向かっていたりする。

でも、おれはほら、脚本を書きたい欲求やら、お酒飲みたい欲求やらがあるから、それがひと段落しないと事務作業の気が起きない。

先日、ボス村松のプリズンブレイクを書き上げたのが、どうやら俺の気持ちを動かしたらしい。

「よし、DM名簿を更新するか」

やってみると、この作業もそんなに嫌じゃない。

芝居に関わっている気分になる。

少なくとも、作業してる時間だけ更新は進んでいく。誰か代わりにやってくんねーかな

脚本を書けない時間は、何も起きないのがしんどい。

じゃあ何で脚本を書くのかというと、うまいこと書けた時には、うーんやるな、俺天才と思えるからだ。

いろいろ自分に対して懐疑的な俺だけど、この一点の健全さは守っていきたいところ。

一般的に「書ける」よりも「書けない」の声が圧倒的に多いので、書けるだけで、すでに大したことなのだ。

脚本が書けるのは、ギターが弾けるようなものなのだ。

英語が喋れるようなものなのだ。

ギター弾けようになりたい。英語は、もういいや。

ギターは買った。毎日少しは触るようにしている。







posted by ボス村松 at 17:27| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

健康診断に行った

俺がバイトしているスーパーでは、夜勤の人間は、体に負担をかけているということで、年二回の検診がある。

あとその夜勤用検診とは別に、全社員いっせーの、の検診があるので多分、俺は年3回検診しているんじゃないか。

健康診断に健康になれればいいのだが、診断だけなので、代わりにヤクルトでもください。


検診では、検便がいつも問題となる。

むずかしい。

普段、油断して生きているので、すぐ検診前日になる。

芝居の本番前、緊張するとすぐしたくなるうんこだが、こういう時には出ない。

さらには全社員検診は、うんこを二回とらなきゃいけなくて、検診前日に「やばい」と思っても、これはどうにもならない。

1日でうんこ2回はできない。

「出ませんでした」

1回も出ないで、手ぶらで検診に行ったこともある。

小学生の時分ならありえなかった。

大人になってのいいところは、子供の頃よりも怒られないってことだな。
posted by ボス村松 at 09:42| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

よくできました。

先週末から、今日月曜にかけて良いことが多かった。

エビスSTARバーにて、のどかさんをチヤホヤする会を開催。藤堂さんとチヤホヤし倒した。
酔っぱらわせて、嫌がっていたのどかさんを、歌わせた。
さらに拝み倒して、書きかけの、ボス村松のプリズンブレイクを、看守役で読んでもらった。
どちらも良すぎてつらくなった。

いだてんを、二話分見た。面白かった。
情の話ではなく、盛り上がりをこちらに強要することなく、西洋の中に入った日本人のコンプレックスとプライドをコミカルに、さわやかに描いてあった。もうちょっと コミカル<苦悩 寄りでもいい気もした。

日本のラジオを観劇。面白かった。
最後の辺りで、主人公の一人の半病人がキリストがモチーフなんじゃないかと思った瞬間、金持ちの実家のお父さんが天におわす父で、劇中にあったデモ行進が布教活動で、鍋パーティーが晩餐で・・と、自分の察しの悪さにほぞをかんだ。と同時に、わかった気持ち良さもあった。
役者がすばらしい演技をしていた。特に主人公のもう一人、フジタタイセイくん。何か賞をとれるのではないかと思った。

初めてビジネスとしての執筆ができるかもしれない。その打ち合わせがあった。

ウミダバーに行ってみた。
知らない人とお話して、カードゲームまでした。楽しかった。
会えたらいいなと思っていた、村松エロティックがいた。

ボス村松のプリズンブレイクが、今書きあがった。
13ページになった。20分強か。
WEB動画用としては長すぎる。
次はもっと短いのを書こう。
話は面白く書けたと思う。

日本のラジオ観劇後のロビーと、ウミダバー探訪では、思っていた作戦が実行できた。
作戦の成否は定かではないが、観劇して終わり、飲んで終わりになる可能性も半分あった。

俺に乾杯。


posted by ボス村松 at 17:06| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする